エンタメ

ファミコンカセットをフーフーしてたけどただの気休めだった話|あるあるネタ

ファミコンカセットを
フーフーした経験はありますか?

私はもちろんあります。

今考えたら謎の行動ですよね。

ファミコンカセットをフーフーするとは。

ファミコンカセットの
本体を接合する金属部に
息を『フーフー』吹きかける行為です。

息を吹きかける行為によって
ファミコンソフト起動の
不具合などを解消させるために
多用された方法となるが。

効果については
確実に不具合が解消されるという訳でもない。

下手したら
なんの疑いもなく
無意識レベルで
『フーフー』していました。

今回は
ファミコンソフトを
フーフーしてしまうのはなぜ?
って事について
整理していきます。

(1980年代のあるあるです)

さっそく結論:

  • ファミコンソフトが起動しないから
    何とか足掻いて起動させる為のゲン担ぎ
  • フーフーしても所詮、気休めだと悟った
  • 色んな思いの『フーフー』がある

ざっくり以下の流れで解説を進めます。

  1. どんな時にフーフーしてたの?
  2. フーフーして何か効果あったの?

では、いきましょう。

どんな時にフーフーしてたの?

ファミコンカセットを
フーフーしちゃう状況は以下。

  • ファミコンソフトが起動しないとき
  • セーブデータが消えてしまう恐れを
    感じた時
  • セーブデータが消えた後、
    データ復活を信じてフーフー
  • ゲームを終了時にも
    無駄にフーフーした時期もあった
  • 手持ちのカセットすべてを
    棚卸フーフー
  • 【番外編】ファミコン本体にも
    フーフー

順に解説します。

ファミコンソフトが起動しないとき

シンプルに
ファミコンソフトが
起動しないときに
『フーフー』しちゃうのでは
ないでしょうか。

学校が終わって帰宅し、
「よしゃ!ファミコンするぞ!」
そう思ってた矢先に
ファミコンソフトが起動せず。

そこで、とりあえず
『(無意識)フーフー』
ですね。

結構使い古したファミコンの場合は、
ソフトが起動しない事も
当たり前だと認識していました。

そのような状況は
ある意味
想定内だったのかもしれません。

セーブデータが消えてしまう恐れを感じた時

セーブ機能のあるファミコンソフト。

  • ドラゴンクエスト
  • ファイナルファンタジー
  • MOTHER
  • etc

学校から帰ってきて、
「よし!続きやっちゃうぞ!」
意気揚々とファミコンを起動してみたら。。

(変なバグ画面が登場・・・)

この瞬間に
「これはあかん!
データ消えてまう・・・
かもしれん。。。」
そんな窮地に追い込まれた状況です。

不安と焦燥感に
駆られながら願いをこめて
大きく息を吸ってからの
『願望フーフー』
カセットの金属部にめがけて実施。

何事もなく
無事にセーブデータが残っていたのなら
幸せに包まれたことでしょう。

(私がそうでした)

まるで
絶叫コースターに乗った感覚にすら
なっておりました。

セーブデータが消えた後、データ復活を信じてフーフー

私が中学生の頃の
エピソードです。

部活の顧問に
ファイナルファンタジー5を
貸すことがありました。

3ヵ月たっても
『FF5』は返ってこずでした。

そこでふと何気に
顧問へ聞きました。

「FF5クリアしましたか?」

するとこの答えでした。

「すまん!
難しくてまだクリアしてない!
もう返しておくよ」

どうやら顧問は忙しくて
ゲームどころではなかったのだと
解釈していました。

その晩、
久々に『FF5』の最強に鍛えまくった
やりこみセーブデータを
楽しもうとゲームを起動しました。

するとこの状態でした。

・セーブ枠1:空

・セーブ枠2:空

・セーブ枠3:しょぼいレベルのデータ
(顧問のデータLv
忘れた)

・セーブ枠4:空

「グハああああああ・・・っ」

私の
最強に鍛えまくっていた
セーブデータが
見事に消えておりました。

ちなみに、
当時から私は
セーブデータを死守していた事もあり、
以下のように
分散セーブを行い
最強セーブデータを
以下のようにすることで
守っていました。

・セーブ枠1:私の最強データLv99

・セーブ枠2:第二世界のビッグブリッジあたり(BGM用)

・セーブ枠3:私の最強データLv99(枠1のコピー)

・セーブ枠4:空(顧問へ貸す為に消していた)

しかし
返ってきたFF5のデータをみた時は
衝撃を受けました。

  • 顧問用のセーブ枠4ではなく
    セーブ枠3に謎のしょぼデータ
  • 私の最強データが見事に消滅
  • というかセーブ枠に
    『空』が3つもあること事態ショック

当時の私は、
セーブデータ枠に
『空』があること事態
あまり見慣れていませんでした。

なので
未知との遭遇かの如く、
心もぽっかりとなっていました。

前置きが長くなりすぎました。

その時、
私がとった行動は
『蘇生のフーフー』でした。

しかし最強データの復活は・・・
余裕で無理でした。

(現実をすぐに受け止めました)

ゲームを終了時にも無駄にフーフーした時期もあった

一度
『フーフー』する癖がついてしまうと
ついつい『フーフー』に
依存してしまいがちです。

一時期の私は、
ゲームで遊び終える時にすら
『フーフー』していました。

『惰性フーフー』です。

もちろん特に何の効果もありません。

手持ちのカセットすべてを棚卸フーフー

たまに
手持ちのファミコンカセットすべてを
『フーフー』してしまう事もありました。

部屋の掃除をしている時などです。

『棚卸フーフー』は、
もはやただの自己満足でした。

個人的に良かれと思って
やっていた感覚でした。

【番外編】ファミコン本体にもフーフー

ファミコンカセットのみならず、
ファミコン本体の
カセットをさしこむところへも
『フーフー』していたこともありました。

『余計なお世話フーフー』。

ファミコン本体に
人格があったとするならば、
「頼むからホコリをまきあげんでくれ」
ではないでしょうか。

スーパーファミコン本体であれば、
わざわざガードしている蓋をあけてから
『余計なお世話フーフー』
かましてました。

フーフーして何か効果あったの?

正直いって
ファミコンカセットに
『フーフー』してきて
何か効果あったのか?
と聞かれたら、
このようにお答えします。

ない。

しいて言うならば

  • 気休めだった
  • お守りごとのような状態

以上であり、
『フーフー』した事で

・ゲームが起動するようになった

・セーブデータが復活した

このような事に、
直接関係していないと
思いました。

逆にフーフーしてて気づいたリスクは?

逆に
『フーフー』することで
リスクだと感じた点は以下です。

  • カセットに若干の唾がふちゃくしていた
  • ホコリがカセット内部に入っている気がした

フーフーする時に
唾液がカセットの金属部に
ふちゃくすることで
『サビるのでは?』と感じました。

また、
『フーフー』と息を吹きかける事で
カセット内部へ
ほこりの侵入をゆるしてしまいかねない。

そして、
よくわからないですが
カセット内部の基盤に
ホコリがくっついて
不具合につながるのでは?
とも思いました。

さいごに

今回は
ファミコンカセットに
『フーフー』してしまうけど
ただの気休めだったお話について
紹介しました。

実際に何の根拠もないですが、
『フーフー』することで
劇的な改善を
体感できなかったということです。

いろんな『フーフー』については
もしかしたら
ご経験がある方もいるのではないでしょうか。

-エンタメ
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog