エンタメ

CANARE(カナレ)ケーブルはコスパ最強です|ギター初心者向け

ギターを始めたばかりで
どのシールド使ったらいいのか
わからない方向けに
おすすめのカナレケーブルを
紹介します。

シールドとはギターケーブルの事です

結論

CANARE(カナレ)ケーブルは
即戦力だから
です。

もうそれ周知の事実ですやん、、

と思われる方も
多いかと思います。

そこで今回は
私なりに感じた
『カナレケーブル』コスパ最強説を
深掘りします。

こんな方におすすめ

  • ギター初めたてで
    どのケーブル選んだらいいのかわからない方
  • 激しいLIVEでシールドが断線しまくる人

ではいきましょう。

CANARE(カナレ)ケーブルがコスパ最強な理由

理由はシンプルに3つです。

  • 低価格
  • たいていの楽器店で入手可能
  • 普通に音も良い

やっぱり月並みな理由だな
と思われるかもしれません。

はい。

ですが、
この月並みな条件を
くつがえすことなく
満たせる事実が凄い
と思ってます。

低価格

ざっくり価格について:

3m 1,500円程度

5m 2,000円程度

7m 3,000円いかない位

初心者の方からすると
「ん?ちょっとそれ安くなくない?」
と思われるかもしれません。

しかし
この価格帯のギターシールドは
相場的には安いといえます。

それ以下の価格帯のケーブルも
もちろん楽器屋で販売されていますが
私はおすすめできないです。

(その理由は後述します。)

つまり、
この価格帯のギターシールドは
お財布にも優しいんです。

たいていの楽器店で入手可能

結構どこの楽器屋にも
おかれています。

(入手難易度が低い)

こんなケースってあると思います。

  • 練習中に突然アンプから
    音がでなくなった
  • アンプから出るギター音が
    「ガリガリ」いいだした
  • 最近ずっとギター音が
    「ガリガリと」雑音がひどい

可能性として、
ギターシールドが原因で
正常に音が出ないケースです。

そんな時に、
スペアでギターシールドを
準備していれば
すぐに代用することも可能
です。

理由は

  • ギターシールドの接触不良による
    ノイズ発生の原因特定が可能になる
  • LIVE本番を目前に安定した品質の
    シールドが準備できる

つまり、
不測の事態に備える事ができる
ということです。

それは
プレイにおいても
安心感につながります。

プレイする前から
焦りたくないですよね。

焦ってしまうことで
本来の自分らしさを
出すことができなくなりますし。

どちらかというと
「最高にワクワクする!」と
思いつつ演奏に望みたいですし。

ギターシールドは消耗品です

どんな高価な
ギターシールドであっても
結局は消耗品です。

  • ギターへ接続する部分
    (シールドジャック)の損傷
  • シールドジャックとケーブル伸線の
    接続部が断線(←ほぼこれ)

対策としては
極力シールドを
無理に曲げないなどですが、
かなり気をつかっていても
断線の可能性は0ではないと思います。

むしろ
『シールドは断線するもの』
と理解しておく方が
不測の事態に対応できるはずです。

そのような状況を踏まえると、
低価格で
そこら辺の楽器屋で購入可能
という時点でカナレケーブルは
だいぶ信頼感すら持てるはずです。

逆に、
凄くこだわって
2万円越えのシールドを
使用していて
まさかの断線となった場合、

こだわりの高価なシールドの場合:

  • そこら辺の楽器屋で購入可能か不明
  • 高価すぎて手軽にスペアとして
    購入するのもお財布にキツイ

このような状況に
なってしまいます。

価格面でみると
CANAREケーブルは
即戦力だと思っています。

普通に音も良い

CANARE(カナレ)ケーブルの音質は
特に悪いと思った事がない
です。

所感としては、

  • アナリシスプラス等
    (15,000円越え)クラスの
    シールドではない限り
    ほぼ誤差の音質
  • レコーディング時とか
    すごく細かい音質に
    気をつかうシーンでもない限り
    カナレでOK
  • むしろ断線がつきものな
    LIVE向き

要は、音質面をみても
即戦力要素が大きいので
コスパ最強
だと思ってます。

あとがき

これまでに
私が使用してきたケーブルは

  • 初心者キットに入っていたやつ
  • プロビデンス
  • カナレ
  • モンスターケーブル(ROCK)
  • ベルデン3種
  • オヤイデG-SPOT CABLE
  • アナリシスプラスプロイエローオーバル

でした。

しかし現在は、
カナレとアナリシスの2種を
それぞれ使い分けているところです。

スペア用でカナレケーブルを
余分に1本は常備してます。

つまり
色々なシールドの中から
カナレケーブルが生き残っています。

カナレケーブルへの
信頼感が強いですし
費用対効果も含め
コスパ最強といえばな~に?

と聞かれたら、
まずカナレケーブルが一番に
浮かんできます。

もしケーブル選定に
迷っている場合は
ご参考いただけたら幸いです。

-エンタメ
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog