エンタメ

イメージが大切!自分に合ったギターピックの握り方を探す方法(人それぞれ)

ギター演奏時に
ピックをどういうイメージで
にぎりますか?

自分の指が伸びたかの如くピックをにぎる(指とピックが同化!)

ピックはやはり異物なのでガシガシに力を入れてにぎる

ピックは異物ではあるが指とのフィット感を大切にしてにぎる

そんなもん考えたことないわ!
って方もいるかもしれません。

ギターピックの握り方次第で
サウンドに大きく影響します。

その理由は

『弾き心地』の良し悪しに関係するからだと思っています。

弾き心地が悪い場合は、モヤモヤしながら弦を弾きますよね。

そうなると、ギターの出音もモヤモヤした感じの音になってしまうのではないでしょうか。

などと感じています。

今回はピックを握る際の力の入れ方で
これまで試行錯誤してきた経験談を
記載します。

結論から言うと

ピックをにぎるときは、ピッキングにたいする苦手意識をなくす

これに尽きると思います。

このことについて深堀します。

ギターピックをネガティブににぎるって?

ギタープレイの際に
モヤモヤしてしまう時って、
ネガティブな感覚が
つきまとっていませんか?

ピックに対する苦手意識を排除する

ネガティブを可能な限り
排除していくことを
優先していくべきだと思います。

ピックがマジで邪魔!

といった感覚のまま
ピッキングしていても
納得できる良い音は
出せないかもしれません。

どうすればピックが邪魔に思えなくなる?

感覚的に言えば、
水で手を洗った後
「パッパッパッ」と手を振り
水を切る動作をイメージする感覚を
ピックを握った状態で
行える位が妥当です。

その状態は
「ピックを握る」というよりも
「ピックが親指と人差し指の間に存在している」
という表現が近いと感じています。

ピックの存在を
心の中から小さくすることが
目的です。

ネガティブな感覚は演奏力を阻害してしまう

ピックに対する苦手意識は
演者にとって
不安要素以外の
なにものでもないでしょう。

例えば、

このフレーズを弾きたいけどピックが邪魔で邪魔で仕方がないからモヤモヤする

もっとこうやってピッキングしたいけどピックが邪魔でそのことばかり気になってしまう

結果的に
演奏どころでは
なくなってしまいます。

ピックの苦手意識で
押しつぶされそうになることから
卒業したいところですよね。。

ポジティブなイメージでピックをにぎるメリット

言いかえると
『ピックにたいするネガティブなイメージがなくなった状態』
メリットとも言えます。

苦手意識を排除した分、演奏に注力できる

ここが最大のメリットだと思います。

他にも演奏メリットが得られる可能性が高い

演奏に注力すると
以下のようなメリットも
付加されると思います。

付加メリット:

  • ピッキング時にアタック音の立ち上がり感まで察知できるようになる為、
    感情を込めやすい
  • ズクズク刻む時も強弱つけやすい

つまり
『ピッキングにおけるコントロール感覚』を得やすい
と感じています。

ピッキングのコントロール感を得られると

  • ピッキングで指からピックがズレても修正できる
  • ピッキングの強弱で演奏に味がだしやすい

なによりも
ピックの苦手意識が
軽くなっていると思いますし
演奏を楽しめることになるはずです。

さまざまな演奏に
挑戦しやすい環境へ
一歩ずつ進めることで、
さらにポジティブな感覚を
得ることができるならば、

ピッキングにたいする
ネガティブな感覚から
卒業できるのではないでしょうか。

独特なピックの握り方のプロも多数いる

プロのギタリストの
ピックの握り方をみていると
いろんな握り方をしているなと思います。

中には

  • ガシガシに力を入れてピックをにぎっている
  • ピックを深くにぎっている
  • 逆にピックを浅くにぎっている
  • ピックをつまむように握っている
  • 3本指でピックをにぎる
  • 普通に親指と人差し指でにぎる
  • 等々

ですが、
どのギタリストも
おどろくようなプレイを
していたりします。

ピックの握り方は苦手意識を排除すれば自由だとおもう

ピックの握りかたが
自由で良いという事が
照明されているのではないでしょうか。

「ピッキングへの苦手意識さへ
排除できるような方法であれば
好きにピックをにぎっていいじゃん」

という風に考えました。

逆にいうと
ポジティブな感覚で
ピッキングに取り組めさへすれば
ピックの持ち方は思いつくだけ存在する

このように思います。

そもそも『指のながさ』等の独自性を忘れてはいけない

指の長さも人それぞれであったり

親指の反り角度も人それぞれだと思います。

もしかしたら
その人独自に特化した
ピックの握り方もあるのではないか?

と思います。

あとがき

ピッキングする上で
苦手意識を感じないような
握り方を探すことで、

ポジティブなギター演奏も
可能になるのではないか。

そのように思います。

-エンタメ
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog