ライフスタイル

仕事に疲れる…私生活で何もできない現状の打開策(3ステップ)

仕事終わりの帰宅後は疲れ果てて無気力…
休日はグッタリ…
おかげで私生活は何もできない。
何の為に仕事をしているのかわかりません…

こんな悩みをかかえてるかた向けに打開策となれば幸いです。

  • 仕事の取り組み方を改善する
  • 生活習慣の改善
  • 環境を変える方法

大きく分けて上の3ステップで解説していきます。

仕事終わりに疲れることが多いなら、仕事の取り組み方を改善するよう意識する

初めに取り組むべきステップです。

  • 仕事内容を見直す
  • 苦手な人をスルー

比較的に手をつけやすいポイントだと思います。

仕事内容を見直す

ポイント

不必要な業務に取り組むことをやめましょう。
コツは、『仕事をほどほどにやる』と『無理なものは無理と言う』です。

業務の中には『必要な業務』と『必要ではない業務』が混ざっています。

言いかえると、会社の業績に直結する業務』と『直結しない業務

さらに言うと

  • 『最優先で取り組むべき業務』
  • 『今はスルーしても問題にならない業務』です。

仕事疲れの原因の一つに、
目の前にあるすべての業務に向き合うストレスが挙げられます。
完璧に業務をこなしたいと思うほど、つらい道のりが待っています。

この状況を続けてしまうことのデメリットは

  • 常に仕事漬けになってしまう
  • 先々のスケジュールに目が届きにくい

時間のコントロールができないと正直きついし
やりがい感を得る前に身が持たないです。

ソウゴ

当たり前のように仕事を振られた場合
納得できない時は意図を確認しましょう

明確な意図がなければ、『不要な業務』と判断していいはずです。

ご自身の気持ちに正直に向き合い
ご自身の気持ちを諦めないようにしたいですね。

苦手な人をスルー

ポイント

思いきって、苦手な人に時間を費やすのをやめましょう。
コツは、『会社にしがみつかないマインド』です。

コミュニケーションがうまく取れない相手がいるとストレスになりますよね。
業務に取り組むうえで集中もできません。

例)苦手な相手が決裁権者だった場合

苦手な人を相手にしないと業務が進まないなんてことは幻想。

たとえ、苦手な相手が決済権者であったとしてもです。

必要な根拠を説明するだけの行動が求められているだけです。

その場に苦手意識を持ち出す必要はない事がわかります。

苦手な上司に媚びへつらおうとする考え方自体が
状況をおかしくしている原因だと考えてます。

「会社への忠誠心は不要だと思う。」そう思えた理由は仕事効率化UPです

続きを見る

日々疲れすぎて何もできないなら、生活習慣を見直したい

2ステップ目として、
業務上より一歩だけ外にでたところの打開策を紹介します。

  • 睡眠をとる
  • 会社の近くに引っ越す
  • 朝に活動する
  • 外出時に用事を済ます
  • 仕事モードのON・OFFを切り替える

睡眠をとる

仕事疲れで何もできない場合は
まずは睡眠をとって心身ともに回復させるしかないでしょう。

無理やり詰め込もうとしても結局なにも手につかないし状況が好転しそうにないです。。

会社の近くに引っ越す

通勤時間が長すぎてストレスになっている場合は思いきって会社の近くに引っ越すことで通勤疲れをなくせるかもしれません。

朝に活動する

体力が消耗する前の朝に、ご自身がしたいことをするのもありだと思います。

特に活動することがないという方であっても
その日の業務をどう進めるかについてざっくり考えるだけで心に余裕が生まれます。

外出時に用事を済ます

仕事終わりの帰宅時に、ぐったりして何もできないのなら思いきって帰宅前の外出時にしたい事を済ませておくのも選択の一つです。

仕事モードのON・OFFを切り替える

一日中、常に頭の中が仕事のことでいっぱいになっている状態だとしたら、思いきってコーヒーでも飲んでゆっくり過ごし仕事のことを気にしないようにするのも全然ありだと思います。

ソウゴ

メリハリをつけると
仕事に集中しやすい状態になりやすいです

平日は帰って寝るだけになるくらいなら環境を変えるくらいの開き直りが効果的

3ステップ目は、自分自身の可能性について確認します。

自分を生きる

今の仕事でこの先10年後、20年後が真っ暗だとしか思えないならば
思いきって他の環境に目をむけてみる。

  • 5年後、10年後、30年後の自分のなりたい姿を書き出す
  • 今の生き方が納得できているかを自問する

務めている会社以外の別の側面で挑戦すると
自身の中に二面性がでるわけです。

この二面性を楽しみながら自分自身の人生をかみしめながら生きるのもありだと思います。

少なくとも、今の勤め先にしがみついて自分らしくない人生を歩むことになんの面白味も感じないと思ってます。

転職を視野に入れる

今の仕事環境に不満があるだけで気持ちのモヤモヤが続いてしまうと思います。

思いきって転職を視野にいれるだけでも、気持ちのモヤモヤが解消されるキッカケになるかもしれません。

わざわざ現地に行かなくても気軽にオンラインで可能なので、気持ちを外にむけるキッカケをつくるのも大いにありだと思います。

この行動で期待できることは

  1. 今の職場にしがみつく考え方をなくす
  2. 会社への余計なシガラミをなくしストレスを軽くする

今の業務にたいして前向きに向き合うとともに
効率的な業務処理も可能になると思います。

まとめ

仕事疲れで他のことが何もできない時の打開策は

  • ステップ1:不要な業務にとりくまない
  • ステップ2:生活習慣を改善する
  • ステップ3:外の世界に目をむけて今の職場にたいするシガラミをなくす

つまり、主体的に自分自身の人生を選択し生きていくということだと思います。

-ライフスタイル
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog