ライフスタイル

職場で「この人、、疲れるなぁ」と思える苦手な人の回避方法|窮屈から回避する

会社に所属していると
いろんなタイプの人間と
職場で過ごすことも
あたりまえの事です。

中でも
この人と関わるだけでなんか疲れるわ~
とか思える
苦手な人もいたりしますよね?

そして
吐き気すらもよおしたりして
精神的に疲れ果てます。

そのような状況を
脱する方法について
紹介します。

答えは
『交戦だけはしない』です。

職場で「この人、、疲れるなぁ」と思える苦手な人の回避方法

回避方法には
順序があると思うんです。

苦手な相手を気にしないと思うほど
気になるものだから一度屈する

そして極力関わらない方向で行動する

外の世界に気を向ける

順に解説します。

気にしないと思うほど気になるものだから一度屈する

苦手な人と関わると
こんな状態に
なってしまうことって
ありませんか?

  • 無条件でストレスを感じる
  • 吐き気がする
  • 見るだけでイライラなってしまう
  • 負けたくないと思い
    さらにストレスを感じる
  • 何かのタイミングで
    不意に思い出すと
    イライラなってしまう

ここまで来ると
完全に『苦手な人』認定を
押さざるを得ませんね・・・

これって完全に『苦手な人』という負の感情につきまとわれてしまっている状態といえます。

じゃあ、
気にしなければいいやん?

いやいや、
そんな簡単には
気にしなくていいようには
なれないですよ。

それがすぐにできるなら
吐き気なんて
もよおしません。

苦手な相手はどんな方向でも気になってしまう

では、
どうすればいいの?
って感じになりますよね。

考え方のお話にはなりますが
一度、
苦手な相手に対して
自分自身の負けを認める事が
第一歩だと思います。

そもそも、
苦手な相手の事を考えると
ストレスを感じるわけです。

・苦手な相手の事を気にしない!

このように頑張って
意識をかえようとしても
結局は、
苦手な相手の事を
考えていることになりますよね。

ぶっちぎりに負けを認めると、一瞬でもストレス感が軽くなる

必死になって
苦手な人のことを
気にしないよう
ずっと続けていると、
やはり
ずっとストレスを感じて
疲弊していってしまいます。

そこで、まずは
そのストレスを
除外することから
はじめるべきだと思います。

すなわち
負けを認めるわけです。

(ぶっちぎりに)

すると、
自分自身の中にあった憎悪も
一瞬は軽くなり
ストレス感から解放されるはず。

『憎悪』を抱えているだけで『ハードモード』

憎悪がある場合だと
普段は軽くこなしていた仕事すら
うまくいかないことって
ありますよね?

ある意味
『憎悪』を抱えているだけで、
ゲームでいうと
『ハードモード』に
なってしまう
と思うんです。

『憎悪』を
積極的になくす努力って
大事だと思います。

そして極力関わらない方向で行動する

心の中から
一瞬でも『憎悪』という感情を
なくすと同時に
ストレス感も
一瞬ですが
軽くなったりするものです。

その時がある意味
軽快なフットワークを
取り戻すチャンスです。

そのチャンスを
逃すことなく
次の行動に
移すことができるのでは。

その結果
仕事に没頭する事も
可能になると思います。

勤務中にできる事は『仕事に没頭』することが高コスパ

勤務時間の中では
仕事に没頭することで
自分自身の勢いを
取り戻すことも
可能だと思う。

例えば、ゲームに
没頭するかのような感覚で
仕事に集中し
何か達成感を得た感覚に
なれた暁には

苦手な相手の事などは
忘れている状態を

手にすることが
できるはずです。

つまり
『苦手な相手』から
意識がズレる状態を
目指すのが
第2ステップだと思います。

外の世界に気を向ける

これまでの手順で
進めていくうちに。

そもそも何で
苦手な相手に
イライラしてしまうの?

といった疑問も
でてくるかもしれません。

イライラの原因ってそもそも何?

そこで
お聞きします。

会社の中で
戦おうとしていませんか?

しかも
こんな感情が
自分自身の中に
あったりしませんか?

  • 会社の中で人より優位に立ちたい
  • 出世欲にまみれている

これって、いわば
会社にしがみついている状態です。

会社にしがみついていると状況判断が鈍る

会社にしがみついたまま
過ごしていると
生まれがちな感情が
あると思っていて。

  • 会社の中で
    人より優位に立とうと
    している人を見ると
    イライラする
  • 出世欲にまみれている人を見ると
    戦いたくなる

このような事に
執着してしまう危険が
あると思うんです。

会社にしがみついていると能力も発揮できない

そして
自分自身の中に
『憎悪』を生み出してしまい

  • 結果的に仕事の効率だけが
    落ちてしまう状況
  • ストレスで
    疲弊しきってしまう状態

適切な状況判断も
できなくなります。

仮に、
出世したくて
頑張っていた人の場合は
本末転倒な状態ですよね。

自分自身の
能力を発揮するためには
この執着から解放されないと
同じことを繰り返してしまう
と思うんです。

執着ループを回避するには外の世界に気持ちを向けるのが手っ取り早い

つまり、

  • 会社にしがみつかない
  • 外の世界に気持ちを向ける

これを
少しづつでもいいので
意識していくことで
徐々に『憎悪』を
生まなくて済む事に
なると思います。

さらに良いことに
意識は外の世界にあるとはいえ、
職場での業務効率も上がり、
気づかないうちに
評価を得ているかもしれません。

もしかしたら
一番の近道なのかもしれません。

執着とはおさらばして
まにうけず
ものごとに没頭していくことで
積み上げを実感できるのでは
ないでしょうか。

職場で面倒見がよくて、温厚な人

心とは裏腹に
職場で苦手な人を
生みだしてしまうのは
会社への執着心であると
述べました。

しかし、これって
決してあなたが
『欲まみれな人間』であるから
という訳では
ないと思います。

  • 仕事で成果をだそうとする先にある
    家族への思い
  • 人に親切にすることで
    協調をはかろうとする思い

そういう純粋な思いで
頑張っているにも関わらず
結果的に執着に
至ってしまうのではないでしょうか。

私自身も
そう感じます。

耐え忍ぶと当然ストレスが待っている

しかし、
優しい思いが災いして
『耐え忍ぶ』という
スタンスをとる事により
多大なストレス感に
見舞われることも
あると思うんです。

根本には純粋な思いが
あるにも関わらず

  • 何故、うまく相手に
    思いが伝わらないんだ
  • この人は何故、
    こんなヒドイ事をいうんだろう
  • こっちもイライラしているけど
    おさえているのに、、
  • 好き勝手ぺちゃくちゃと
    ヘドがでるけど
    こっちは我慢してるんだ

こんなことに耐えれる人は
凄く理性的なできた人間だと
深く思います。

優しさが強いほど耐え忍ぶことを選んでしまう

相手を傷つける事よりも
自分自身が絶える事で
その場をおさえる選択肢を
とっているわけですから。

なので、
戦う事はそのままやめて
そのフィールドから
離脱する意識を持ち
自分自身をコントロールする方向が
あっていると思います。

いきなりブチ切れだしても、
損するしかないと
お考えになると
思いますし。

  • 守るべき家族のために
  • 平和的なその感情を持ったまま
    解決する方法を選び続けるために

まっこう勝負は
避けるべきです。

自分自身を丁寧に操縦する感じでいいでしょ

自分自身のストレス感を
軽くするために

ぶっちぎりで負けを受け入れて
ストレス感を軽くし

仕事に没頭し達成感を得て

外の世界に気持ちを向ける事で
会社にしがみつくことをやめる

このステップを意識するだけで
着実に
自分自身のペースで
進むことができるでしょうし。

自分自身を
コントロールして
自分自身のフィールドで
イキイキできると思います。

苦手な人に振り回されないでほしい

繰り返しですが、
一番にお伝えしたいことは

苦手な人に
振り回されるだけの人に
ならないでほしい

これだけです。

そのためには、
身体の準備だって
必要になってくると思います。

身体の準備

意外ですが、
筋トレは
結構効果があると思います。

身体を動かすことはやっぱり大事

続けていくうちに
何かしらの

  • 達成感
  • 積み上げ感
  • 人の前にでても
    前より物怖じしない感覚

このような状態に
至った気がします。

もちろん一朝一夕とは
いかないでしょう。

逆にいうと、
継続するから
積み上げ感などが
力に変わっているのでは
ないかと思います。

筋トレアプリ「自宅トレーニング器具なし」を使用して1年が過ぎた話

続きを見る

刺激に耐えうる
メンタルを養うには
もってこいだと思ったりしています。

-ライフスタイル
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog