ライフスタイル

波戸岬(佐賀県唐津市)の見どころをチェック

佐賀県唐津市にある
波戸岬(はどみさき)という場所に
たちよってきました。

唐津城あたりの景観も
もちろん好きですが
この波戸岬も「ぼ~っと」できるので
観光にはおすすめしたいと思ったので
みどころを紹介いたします。

波戸岬のざっくり概要

波戸岬のざっくり概要

・佐賀県唐津市鎮西町の東松浦半島最北端にある岬

・住所:佐賀県唐津市鎮西町波戸947

・玄海国定公園のひとつで観光地

・駐車場:無料(一部有料あり)

・夏の時期は海水浴場としても利用可能

波戸岬の見どころチェック

「波戸岬にたちよって良かったなー」
と思えたポイントは以下です。

・景色が良い

・インスタ映えのスポットがある

・ちょっとした水遊びもできる

・ひらけた場所で散歩にもってこい

・サザエのつぼ焼きの匂いが良い

・海中展望台(有料)

順に紹介していきます。

景色が良い

景色が良い

駐車場で車を降りた瞬間から

  • 「あっ、何かここの雰囲気よさげ」
  • 「景色の色がなんか癒される」
  • 「海風も気持ちいい」
  • 「はやく奥に行ってみたい」

みたいな感想でした。

駐車場から降りていくと
上の写真のような砂浜が広がっていて
個人的には目に優しい景色だな
と思ったりしてました。

敷地も広そうだし
はやく散策したいと
ワクワクしていました。

インスタ映えのスポットがある

・ハート岩

・石像

ハート岩

ハート岩

インスタ映えスポットの一つは
この「ハート岩」。

「なんでこんなとこにハートなわけ?」
って思ってました.

どうやらゴロ合わせらしいです。

波戸(はど)岬

⇒ はど ⇒ はと ⇒ ハート(心)

「ほほぅ」って感じでした。

納得しました。

その関係で
「恋人の聖地」となっているようです。

ハート岩のすぐ右側にあります

恋人で訪れると
素敵な時間を過ごせそうだ!!

後ろに見える遠くの島と海も
かなりいい感じにマッチしています。

「最北西端に来たんだな」
としみじみとなってました。

人も少なかったので
結構な枚数の写真をとってました。

石像

この石像。

駐車場から砂浜に降りていったあたりで
この像が目にとびこんできました。

この像、
通路を挟んでもう一体います。

良い表情してんな」って
速攻でおもってました。

ここで写真とっていましたけど、
人の行き来もあったので
手短にすませてました。

ちょっとした水遊びもできる

石像を通りすぎてから
砂浜に入ったところの海辺です。

写真のとおりかなり水が綺麗でした

水に入る予定はなかったので
足ふきタオルなんぞ
持ってきていなかったですが、
この綺麗な水をみてしまったら
もう入らざるを得なかったですw

「まぁいっか」ってノリで
水に入ってました。

タオルがなくても
そばの岩場で
足についた砂をとりはらえたので
砂まみれって状態は回避できました。

ひらけた場所で散歩にもってこい

こんなひらけた場所もあったので、
のんびりと散歩もできました。

海風も適度に吹いていたので
涼しい環境でした。

海風のにおいも良い感じです。

ちょっと奥まで歩いてみると
鳥居もあったりして
ほのぼのした雰囲気が充満していました。

「最北西端きたなー」
なんて思ってましたw

だいぶのんびりした雰囲気なので
リラックスできました。

ぐるーっと散歩して
だいたい1時間半はのんびり楽しめました。

サザエのつぼ焼きの匂いが良い

駐車場をおりてすぐそばに
サザエのつぼ焼きなどが
売られている売店がありました。

そのそばを通るだけで
良いにおいが香ってきてましたw

今回は昼食を済ませていたので
サザエのつぼ焼きはおあずけしましたが
かなり良いにおいでした。

次来たら
つぼ焼きをいただきたいと思います。

海中展望台(有料)

今回は
海中展望台には入らなかったですが、
どうやら地下の展望台では
海中を泳いでいる魚を
みることができるようです。

機会があったらここも入ってみたいなぁ。

入場料金は以下:

・大人560円

・小・中学生270円

・団体(20名以上)大人510円、小・中学生240円

さいごに

ノープランで
ぶらーっとたちよってみた波戸岬でしたが、
散策してみると2時間近くは楽しめました。

東松浦半島の最北西端ということで
端っこに来た感を感じつつ
のんびり散歩もでき
おまけにサザエのつぼ焼きの
良い香りもただよっており
トータルで「来て良かったな」
と思えました。

夏の海水浴シーズンになると
どれだけ人が集まるのかは
わかりませんが
また訪れてみようと思います。

-ライフスタイル
-

© 2021 従業員の隠れ家 sogoblog